墓石のないお墓?

今、墓石のないお墓が増えているということをご存知ですか?墓石のないお墓とは、いったいどのようなものを言うのでしょう。

また、どうして墓石がないのにお墓なのでしょうか。

墓石がないお墓とは、最も知られているのは散骨ですね。

お骨を故人の思い出深い地域にまくという方法で弔うのですが、これは誰でもどこでもしていいというわけではありません。

散骨業者にきちんと頼んで、許可された方法で行う必要があります。

他にも墓石を持たないお墓というと、ロッカー式納骨堂というものもあります。

ロッカー式納骨堂は、その名の通りロッカー上になっているところにお骨だけを入れておくというタイプで、場所をほとんど取りません。

さらに、代々受け継いでいくものもあれば、期限が来た段階で遺骨を合葬墓に移すというものもあります。

みんな同じお墓に入ることで墓石を持たないというパターンもあります。

いわゆる、合葬墓と呼ばれるもので、複数人の他人同士で同じお墓に入るというものです。

これらの墓石のないお墓に共通して言えるのは、将来無縁仏になるのではないかという継承者不足の問題、墓石を持つことの金銭的負担を背負いきれないという問題などがあり、これらを解決する方法として、墓石がないお墓が増えてきています。

また、おひとりさまという言葉も一般的になってきているように、一生結婚しないままの方も多く、そういった方は自分がどこのお墓に入っていいのかわからないので、合葬墓にするという方もいらっしゃいます。

今後、お墓の形はもっと自由に変わっていくのかもしれません。

樹林墓地、ロッカー式納骨堂…進化した“終活”の最新事情 日経トレンディネット